住みやすい環境にしよう

作業員

認可された業者を選ぼう

害獣による被害に気が付いた時には、室内に大きな爪痕を残している場合が多くあります。夜間に皆寝ているはずなのにゴソゴソと物音がしたり、室内にいると害獣の皮膚に着いてきたノミやダニにより、アレルギー反応や皮膚が痒くなったりする場合もあります。これらの症状は、害獣が屋根裏や軒下に侵入し、住み着いている可能性があります。蜂や蟻、ゴキブリといった虫による被害も大変ですが、害獣駆除となると個体の大きさもある分専門の知識がないと難しく、どのようにしたらよいのかわからないのが現状です。特に白衣芯などの害獣は勝手に捕獲することが鳥獣保護法で定められていて、役所や保健所から認可をもらっている害獣駆除専門業者へ依頼する必要があります。害獣駆除業者では侵入経路を特定し、内部に侵入した害獣の捕獲、荒らされた室内の清掃を行います。また、一度住み着いてしまうと再度害獣が侵入してくる可能性もあるので、侵入経路をしっかりと塞いで再発防止に尽力を尽くしてくれます。害獣駆除には捕獲器を設置したり、害獣が嫌う臭いのする薬品を使用します。中には粘着テープを侵入場所に貼って害獣を動かなくする方法もあります。被害状況に合わせてさまざまなプランを立てて対応をしてくれます。業者によっては住まいだけでなく、店舗、寺院など大型施設を対象にした害獣駆除業者もあります。施設の規模により綿密に計画を立てて、より清潔な環境作りに貢献しています。