クロアリとの違いを知る

作業員

シロアリなら早めの対策を

自宅に羽アリが大量に発生すると、もしかしてシロアリなのではと焦ってしまいますが、羽アリにも特に心配いらないものもありますので、まずはどのタイプの蟻かをしっかりと確認しましょう。まず、クロアリの羽アリは、触覚がくの字の形をしています。そして胴体にくびれがあることも特徴的です。さらに羽は前に比べて後ろが小さくなっています。こうしたタイプの羽アリなら特に問題はないと言えます。気をつけたいのは、シロアリの羽アリです。シロアリの場合は触覚が数珠状になっており、前後の羽の大きさもほとんど同じです。さらにクロアリとは違い、胴体にくびれがないのも大きな違いです。自宅で行える対処方法としては殺虫剤を使う、掃除機で吸うなどがあげられますが、羽アリが大量に発生している場合はすでに住居にも被害が出ている可能性があります。シロアリへの対策は素人では難しいものがありますので、専門家に依頼することがおすすめです。まずは現地調査が行われ、被害を確認しそれぞれに合う対策が行われることとなります。床下の調査は無料で対応してくれる業者も多いので、羽アリが気になる人は一度確認しておくことがおすすめです。シロアリへの対策としては薬剤の散布や巣の根絶を目指すベイト工法などが行われます。シロアリ対策を行う業者は多く存在しますが、高い技術力を持っていることはもちろん、料金も適正であることが大事です。対策は早めに行いたいですが、評判はしっかりと調べ安心して依頼できる業者を選びましょう。